スポンサーリンク
スポンサーリンク

『20代にしておきたい17のこと』の要約について

本紹介

こんにちは!しょーてぃーです!

今回は、本田健さんの

『20代にしておきたい17のこと』

について紹介をしていきます!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『20代にしておきたい17のことについて 

本書の概要

本書はひとことで言うと

人生を有意義にするための20代の過ごし方

について教えてくれる1冊です。

 

本書をオススメしたい人

・20代の過ごし方を知りたい人

・20代の人

・ベストセラーが気になる人

 

本書は、誰もが1度は

見聞きしたことがあるくらいの

ベストセラーになります。

 

そんな本書では

人生で1番の成長期である20代に

やっておくべきことを

深く解説してくれる1冊です。

 

『20代にしておきたい17のことのまとめ

死ぬほど恋をしておく

20代までは

損得感情関係なく相手のことを

好きになれます。

 

しかし30歳になると

色々なことが見えてきて

恋愛からすぐに結婚という

話になりやすいです。

 

また、子供を作る年齢や

相手の年収など

損得する計算が入ってしまい

燃えるような恋愛ができなくなります。

 

そしてできれば、20代後半までに

結婚相手のイメージを

固めておくことです。

 

30代を超えてから

初めて付き合った場合

本当に相性がいい相手かは

比較対象がないので分からないです。

 

たくさんの恋愛をすることで

その中から1番自分に合うと

思う人をえらぶ方が

いい相手と巡り合える確率が高いです。

 

つまり30歳になってから

結婚を意識して

恋愛し始めると遅いです。

 

だからこそ20代前半で

恋愛経験を積みながら

20代後半にはある程度の

結婚相手のイメージを固めることを

オススメされています。

 

自分の向き不向きを知る

物をつくる人なのか

物を売る人なのか

研究する人なのか

細かい計算をする人なのか

自分がどういうタイプの人間で

何が好きで何が苦手かを

知っておくことも

20代にしておきたいことです。

 

そのためにも

色々な仕事や経験を積んでおくことです。

 

実際にやってみないと

自分が何に向いていて

何に向いていないのかは

分からないことが多いです。

 

向いていないとわかれば

さっさと次にチャレンジしないと

30代で家庭を持つと

動きづらくなります。

 

一流のものに触れる

人間は自分が思っている以上に

周りの影響を受けています。

 

友達がヤンキーだったら

自分もヤンキーになるように

三流のものに触れていれば

自分も三流になりますし

一流のものに囲まれると

自分も一流に近づきます。

 

なので20代の感性が鋭いうちに

尊敬している人の話を聞いたり

仕事ぶりに触れた方がいいです。

 

一流の人に触れて

「自分はあんなに

努力できないし才能はない」と

諦めることになっても

その経験に価値はあります。

 

20代はお金がないので

どうしても安いものを優先しがちですが

自分の興味のあるものは

一流のものに触れて

その後の人生の幅を

大きく広げることをオススメします。

 

旅に出て異文化に触れる

家と学校や職場の往復だけだと

意識は広がりません。

 

そこで異文化に触れることを

オススメしています。

 

海に行ったり山に行ったり

海外に行ったり相席屋に行ったりなど

今生活している場所と

まったく違う場所に行くだけで

大きな刺激を受けます。

 

特に海外に行けば

日本の文化とは

まったく違うことに気付きます。

 

店員さんの態度や

性格や価値観などに驚くことが多いです。

 

そうすると自分はなんて

狭い世界で悩んでいたのだろうと

気付くこともあります。

 

そして異文化に触れた後に

日本を見ることで

違った見え方ができるようになります。

 

親友を作って育てておく

変な気遣いなく

何気なく話せるような親友がいれば

人生は楽しくなります。

 

ですが問題なのは

親友を持つこと自体が

人生で最も難しいことの1つです。

 

お金を稼ぐなら

仕事をめちゃくちゃ頑張ったり

結婚することも

お見合いなどに行けばなんとかなります。

 

親友を作ることは

長い年月がかかります。

 

親友はできるだけ

20代から作るようにして

育てておくことがいいです。

 

失敗しておく

30代でも40代でも構いませんが

20代の早いうちに

人生最大の失敗をしておくといいです。

 

20代で失敗すると

何度でも挽回できます。

 

ですが歳を取れば取るほど

失敗した後の挽回が難しくなります。

 

終わり良ければすべて良しのように

最後の何十年が幸せかどうかが

かなり重要になってきます。

 

それに20代は失敗して

お金がなくなっても

その状況を楽しめます。

 

だからこそリスクを恐れずに

何にでも挑戦してみることです。

 

失敗してもあとで成功すれば

楽しく話せるネタにもなります。

 

人生で早いうちに

大きな経験や失敗をしておくと

あとはプラス勘定になります。

 

最初からビビって

失敗しないように

安全な道ばかりを選んでいると

失敗しない代わりに

何も残らない人生になります。

 

最後に

ここまで本書について紹介してきました。

 

貴重な20代の時間を

どう有効に使うかを教えてくれる

良書だと感じました!

 

20代のうちに

たくさん挑戦してたくさん失敗して

経験をつけようと思える1冊でした!

 

本書が気になる方は

是非手に取ってみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました