スポンサーリンク
スポンサーリンク

『30代にしておきたい17のこと』の要約

本紹介

こんにちは!しょーてぃーです!

今回は、本田健さんの

『30代にしておきたい17のこと』について

紹介をしていきます!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『30代にしておきたい17のことについて 

本書の概要

本書はひとことで言うと

人生を有意義にするための30代の過ごし方

について教えてくれる1冊です。

 

本書をオススメしたい人

・30代の過ごし方を知りたい人

・30代の人

・ベストセラーが気になる人

 

20代と30代では

まったく違うことがあります。

それは、現実を見ているかどうかです。

 

20代の頃は

芸能界に憧れたり目指した人も

30代になれば

自分の限界が見えて、潮時を感じます。

 

また、30代では

会社内で責任を持つようになり

この会社で一生働くことを

決意するようになり

不満があれば、転職や独立に向けて

本気で動き始めます。

 

また、私生活面でも

結婚や子供のことなどを

真剣に考えるようになります。

 

本書では

30代のうちにやるべきことが

たくさん解説されています。

 

『30代にしておきたい17のことのまとめ

この仕事で生きていくと決める

がむしゃらに色々な経験をするのが

20代とするならば

30代は今までの経験から

自分はいったい何に向いていて

何をする人かを決めます。

 

営業なのか、経理なのか、エンジニアなのか

諦め切れずに芸人を続けるのかを

決める時期になります。

 

なぜなら、35歳からの転職は

厳しいと言われているからです。

 

さらに、子供が生まれてからは

とにかくお金を稼がないといけなくなります。

 

だからこそ35歳までには

自分の仕事を決めておくべきです。

 

30代後半で何度も

転職を繰り返していると

何も積み上がらないまま

稼げる金額は少なくなります。

 

ラストチャンスだと思って

自分が今後する仕事を

決めるタイミングが30代です。

 

結婚するかを決める

20代の頃のように

「いつかできれば・・」

「良い人がいれば・・」など

寝ぼけたことを言っていると

結婚はできません。

 

なぜなら、30代は20代のように

チャンスが多いわけではないからです。

 

30代になれば

気軽な飲みの誘いが減り

自然と出合いの場が減ります。

 

結婚した人は

結婚生活や子育てで忙しくなり

仕事も責任が増えていくので

夜中に気軽でくだらない

LINEをしてくれなくなります。

 

つまり30代は

自分から出会いを求めて行動しないと

良い人は現れません。

 

ただ、結婚しないことや

子供を持たないことを

悪いというわけではありません。

 

「結婚=幸せ」と思うのは、大間違いであり

結婚は苦労を引き受けるようなことです。

 

子育て、価値観のちがい

相手の親との関係、金銭感覚など

結婚にはたくさんの苦労があります。

 

それに、結婚に向いていない人や

親がいろいろ言うからという理由で

結婚しても上手くいきません。

 

結婚するかしないかを決める

タイムリミットは30代であり

子供をつくるのであれば

35歳までには結婚しておいた方がいいです。

 

なぜなら、35歳以降に

結婚できる確率は20%しかないからです。

 

自分が佐藤健や有村架純でないことを

自覚して早めに行動するべきです。

 

お金と真剣に向き合う

20代は、服や鞄、時計、

アクセサリーや車など

物欲が止まらないことや

飲み会やイベントに行くことなど

お金の使い道に困りませんでした。

 

しかし30代になると

物欲が落ち着いてきます。

 

この30代でしっかりと

お金について学んでおけば

40代や50代になって

お金で困ることは減っていきます。

 

自分や家族を守るためにも

30代からはマネーリテラシーを

高めておくことが大切です。

 

親と友達になって親孝行する

20代は自分のことに必死で

親のことを気にかけることは少ないですが

30代になれば、落ち着いてきて

親といい距離が取れるようになっていきます。

 

子供が生まれて

自分が親になったり

社会人になって

立派に生きていけるようになることで

親を気にかけるようになります。

 

そして30代になると

親と子ではなく

親と親としての対等な会話が

できるようになります。

 

それは、同じ悩みを持った

友達のような感覚になります。

 

ですが30代は

親と対等に会話できる

最初の10年であるのと同時に

最後の10年でもあります。

 

自分が40代になる頃は

親はかなり高齢になっていて

介護が必要になるかもしれません。

 

だからこそ、親が元気なうちに

たくさん会話して

親に感謝を伝えておくのがいいです。

 

親のためと言うよりかは

自分のためであり

亡くなってからでは

恩を返すこともできないからです。

 

少数の大切な人脈を作っておく

人間は歳を取れば取るほど

濃密な人脈は作りづらいです。

 

だからこそ30代のうちに

今後も付き合える人脈を

作っておくことが大切です。

 

ですが、友達は多ければいいものではなく

30代からは信頼できる人とだけ付き合うことです。

 

人脈の量ではなく

人脈の質にこだわるのが30代です。

 

なぜなら30代は

結婚、出産、仕事と忙しいことだらけで

そんな中で多くの人と

まんべんなく会っていたら

どれだけ時間があっても足りません。

 

それよりも少数の

本当に大切にしている友人に

時間を使った方がいいです。

 

薄い関係は自然消滅しやすく

「こいつとずっと仲良くしたい」と思える

希少な人脈を作っておくべきです。

 

新しいことに挑戦し続ける

30代になると「もう歳だから」と言って

新しいことに挑戦するのが

億劫になる時期です。

 

なぜなら、今までの人生経験から

大体どうなるかの想像がつくからです。

 

どんなことも必ず

ゼロの状態からスタートします。

 

まずは気が向いたことを

小さく始めることが大事です。

 

また、新しい挑戦をやめた瞬間から

人間は老けていきます。

 

歳を取ってもイキイキしている人は

常に新しいことを学んだり

挑戦し続けています。

 

どんなことでも

ちょっとだけでもいいので

挑戦し続けることが大切です。

 

なりたい40代をイメージする

40代になったときに

どんな場所で、誰と何をして

いくらくらい稼ぐのかを

想像することはとても大事です。

 

そうすることで

30代になった今やるべきことや

やらなければいけないことが見えてきます。

 

20代は夢や希望で溢れていますが

30代になることで

いろいろ見えることから

理想のイメージを

膨らませることができます。

 

最後に

ここまで本書について紹介してきました。

 

夢を片目で見ながら

もう片目で現実を見るのが30代です。

 

まだ、人生を変えられる時期であるからこそ

大事なことを考える時期なんだなと

本書を通じて学びました。

 

本書が気になる方は

是非手に取ってみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました