スポンサーリンク
スポンサーリンク

『女と男 なぜわかりあえないのか』の要約

恋愛

こんにちは!しょーてぃーです!

今回は、橘玲さんの

『女と男 なぜわかりあえないのか』について

紹介をしていきます!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『女と男 なぜわかりあえないのかについて 

本書の概要

本書はひとことで言うと

男女の決定的な違いについて

教えてくれる1冊です。

 

本書をオススメしたい人

・男女の違いを知りたい人

・男女間の恋愛について知りたい人

・橘玲さんが好きな人

 

男と女には決定的な違いがあります。

それは子孫を残す時の戦略です。

 

性欲の強い男が女を求めて競争し

女がその中から1人を男を選ぶ仕組みです。

 

就活でいえば

女が企業側で男が就活生です。

 

企業側である女は

「美しさ」と「若さ」を武器に

自分を希望する男達の中から

優秀な1人を採用します。

 

逆に男は就活生側なので

自分の能力を高めながら

就活生が複数の企業に応募するのと同様で

複数の女を追うことが重要になります。

 

つまり子孫を残すために

たくさんの若い女を追う男と

浮気せずに自分だけを愛して欲しい女は

根本的な部分が違うので

なかなか分かり合えません。

 

男女の脳の作りが違うので

分かり合えないことは当然です。

 

本書ではお互いの特性を知り

男女のいざこざをできるだけ

少なくすることができます。

 

『女と男 なぜわかりあえないのかのまとめ

男は20際の女を好み、女は同い年の男を好む

1000万人が利用する婚活サイトを

1年かけて解析した結果

男性は何歳になっても

20~21歳の女性が好きだということが判明しました。

 

逆に女性が好むのは自分の年齢と

ほぼ同じ年齢の男性であることも判明しました。

 

これらを説明する上で

男女の恋愛対象にする年齢に違いがあります。

 

本当は40代の男性も

20歳のピチピチな女性と付き合いたいのですが

正気に戻って自分の年齢より

5歳下あたりの女性を狙います。

 

男性の「本当は20歳の女と付き合いたいけど

無理だからせめて5歳下の女と付き合いたい」という

考え方によって、35歳を過ぎた女性は

一気に結婚が難しくなります。

 

そもそも男女の恋愛対象になる

年齢にズレがあることから

このような現象が起きてしまいます。

 

男と女の性行為のハードル

当たり前の話ですが、男性と女性では

性行為までのハードルが格段に違います。

 

女性は性行為によって

妊娠、出産、子育てが必須になります。

 

そうなると20年は子育てに

時間を費やさないといけないので

女性にとって性行為は

リスクがものすごく高いです。

 

そのため女性は

まず相手がどんな男かを分析します。

 

健康状態・お金があるのか・浮気しないか

遺伝・ルックス・身長・誠実さなど細かくチェックします。

 

また、避妊具ができたのは

ここ100年くらいの話であり

女性は人類が誕生したときからいるので

性行為はリスクが高いという

本能が残っている状態です。

 

一方で男性は

子育ての責任を放棄するなら

妊娠も出産もしないので

性行為のリスクはほぼゼロです。

 

そのため、出会ってすぐの相手でも

性行為は気軽にできます。

 

つまりデートとは

男性のすぐに性行為したい気持ちと

女性のしっかりと相手を知らないと

性行為しないという気持ちの

ズレを縮める期間のようなことです。

 

男女の友情が成立する?

よくある議題でもありますが

男女の友情は特定の条件で成立します。

 

その条件とは

男が目の前の女友達よりも

もっと魅力的な女性と関係を持っていることです。

 

つまり、魅力的な女性と付き合えば

その他の女性を女として見ないので

必然的に男女の友情が成立するということです。

 

これ以外は男女の友情はあり得ず

基本的に男性は女性に対して

性的な目で見るので成立しないです。

 

男と女の理想の違い

男性はすぐに性行為をさせてくれそうな

淫らな女性を夢見ています。

 

これが男の理想であり夢なので

ポルノだとアホみたいな展開が多いです。

 

逆に女性はロマンスを夢見ており

自分のことが好きな一軍の男たちから

好きな男を1人選ぶ「花より男子」パターンが理想です。

 

ちなみに一軍の男とは

ヒエラルキーが高い男性のことであり

社長・サッカー部のキャプテン・学年一のイケメンなどです。

 

このように男女で

理想や夢は全く違います。

 

女性の夢がロマンスであるので

必然的に男性は死ぬ気で出世したりして

一軍の男を目指したがるのです。

 

恋は3~6ヶ月で冷める

恋愛中は脳内で

ドーパミンが大量に出ているので

めちゃくちゃ楽しいです。

 

しかし恋愛でドーパミンが出るのは

6ヶ月から8ヶ月程度までです。

 

そこから先は「好き」という気持ちより

相手への「信頼」に移っていきます。

 

なので多くのカップルが

3~6ヶ月の間に恋の情熱が冷めて別れます。

 

人類の歴史では

避妊などがなかったので昔は

恋愛して1年後に子育てをしていました。

 

子供がいたら恋愛に夢中になれないので

恋の情熱は半年程度で冷めるように

遺伝的に設計されています。

 

なので相手を好きになって

とりあえず6ヶ月くらいまでは

「好き」という情熱だけで

恋愛を楽しめることができます。

 

しかし、本当に相手と一緒にいられるか

信頼関係を築いていけるのかは

付き合ってから6ヶ月後に分かります。

 

熱い時期が過ぎたら

お互いの考えを理解し合って

一緒に問題を解決する能力の方が大事になります。

 

男は競争を好み、女は競争を避ける

男性は女性よりも

競争を好むことが分かっています。

 

実際に女性よりも男性の方が

経営者の数が多いのは

男性の方が競争が好きだからです。

 

男性はどこかで勝負に勝って

一軍の男にならなければ

女性から相手にされないリスクがあります。

 

なので男女で仕事や競争に対する

モチベーションがまったく違います。

 

逆に女性は競争を避ける傾向にあります。

それは流産や自分が死んだら

子育てができなくなるからです。

 

ただまったく勝負しないわけではなく

女性は勝率を冷静に分析して

勝てる勝負しかしません。

 

ギャンブルや起業などの

勝率が読めないものを女性は好みません。

 

このように男性はとにかく競争し

女性は勝率を冷静に分析して

勝てる勝負しかしないのです。

 

浮気の違い

浮気されると誰でも怒りますが

男性と女性では怒る理由が違います。

 

男性は女性の「体」の浮気に怒り

女性は男性の「心」の浮気に怒ります。

 

男性が女性の浮気にキレるのは

もし女性が別の男と性行為すると

自分の子供を妊娠する確率が下がるからです。

 

そうなると、自分の子孫を

残せない可能性がありますし

別の男性が子供を養う可能性があります。

 

これは男性にとって死活問題であり

なぜなら生物はみんな

自分の遺伝子を残すために頑張るからです。

 

反対に女性は男性の

「心」の浮気に怒ります。

 

なぜなら男の心が

自分から離れて他の女に移ったら

男は稼いできたお金を

自分と子供に注いでくれなくなるからです。

 

もう家に帰ってこないかもしれませんし

休日に子供と遊んでくれなくなるかもしれません。

自分1人で子育てをやることは

女性にとってかなり厳しい状況です。

 

このように

男性は女性の「体」の浮気に怒り

女性は男性の「心」の浮気に怒ります。

 

最後に

ここまで本書について紹介してきました。

 

男性と女性は真逆であり

まったく違うことがよく理解できる1冊でした!

 

本書が気になる方は

是非手に取ってみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました