スポンサーリンク
スポンサーリンク

【出会いがない男の恋愛婚活教科書】の要約「女性と出会う方法編」

恋愛

こんにちは!しょーてぃーです!

 

今回は、根本直潔さんの

『出会いがない男の恋愛婚活の教科書』

について紹介します!

 

本日より3日に分けて、本書を紹介していきます。

 

「女性と出会う方法編」

「女性に嫌われない編」

「女性の脈ありサイン編」

の3回に分けて記事を作成します。

 

今回は第1回目の

「女性と出会う方法編」として

本書を紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

出会いがない男の恋愛婚活の教科書】について 

本書の概要

本書は、「恋愛テクニックを学んでも

出会い自体がないんだよ!」という人向けに

書かれた1冊です。

 

著者の根元さんは

出会い方コンサルタントとして

独立し、活躍されています。

 

本書では、闇雲に出会いの数を増やすのではなく

「脈あり」の出会いを増やして

短期間で婚活に繋がる彼女を

作る方法が解説されています。

 

本書をオススメしたい人

・異性と出会いたい人

・出会いから女性と付き合うまでの流れを知りたい人

・出会いがなくてで焦っている人

 

「恋愛テクニック」や「モテ術」について

解説されている本やサイトはたくさんあります。

 

しかし、そのような技を身に付けても

家と職場の往復しかなく

連絡先リストに女性がいない人はかなり多いです。

 

世の中で語られる恋愛テクニックの多くは

「目の前に女性がいる」ことが前提で

「出会いがない」問題は度外視されています。

 

大切なことは、恋愛や婚活における正しいマインドセットを身につけ、

「出会いがない」状態から「意中の女性と付き合う」までの流れを

一気通貫で学ぶことです。ノウハウを体系的に学ぶことで、やるべきことが明確になり、

最短ルートで目的地に到達できます。

引用元:出会いがない男の恋愛婚活教科書

 

上記のように著者も述べており

本書は「仕事ばかりで出会いがない」

「出会いがなくて焦っている」ような人におすすめです。

 

出会いがない男の恋愛婚活の教科書】の要約「女性と出会う方法編」

出会いの数が増えると本気になれない

現代はマッチングアプリやTwitterもあって

一昔前よりも男女が出会う手段は増えています。

 

しかし、手段は増えても

彼女がいない25歳~34歳の男性は

全体の70%もいます。

 

つまり出会う方法は増えても

女性と付き合えていない男性が多いのです。

 

それは、気軽に出会うことができたことで

一人ひとりに本気になれなくなったからです。

 

マッチングアプリ上には

たくさんの人が存在しています。

 

女性からしたら

男性の数が多すぎて決めきれないですし

「もう少し待ったらもっといい男が出てくるかも!」と

なってしまうのです。

 

そして、マッチングアプリで勝つ男は

結局「周りも認めるようなイケメン」なのです。

 

しかもマッチングアプリは

女性が無料なものが大半なので

「まあ良い男がいればいいなー」程度の

軽い気持ちでみてしまうのです。

 

ソシャゲでも課金している人と

無課金の人だと

1回1回のプレイの本気度が違います。

 

つまり、マッチングアプリは

所詮ルックスの戦いであるので

出会い方がいくら増えても

イケメンしか付き合えていない現実なのです。

 

別にイケメンじゃなくても結婚できる

マッチングアプリの話で

「しょせん顔かよ!」と思う人も多いでしょう。

 

しかし、イケメンでなくても

当たり前ですが、彼女はできます。

 

人口問題研究所が調査したデータによると

女性が結婚相手の条件として

挙げているものは以下になります。

 

1位 人柄

2位 家事・育児の能力

3位  経済力

4位 仕事への理解

5位 職業

6位 容姿

引用元:人口問題研究所

 

このように「容姿」は6位なので

イケメンじゃなくても結婚できるのです。

 

女性は建前が多いので

このデータを100%信じ切るのは

あまりオススメしませんが

容姿だけが評価される訳ではないことは確かです。

 

実際に、アル中のイケメンと結婚するのは嫌です。

 

つまり「恋愛したい人」と

「結婚したい人」は違うのです。

 

男性も同じようなもので

「可愛いけどエルメスばかりたかってくる女」は

結婚したくないはずです。

 

要はイケメンじゃなくても

結婚を前提とした付き合いはできるのです。

 

遊びや一夜限りの恋愛はイケメンに任せて

「自分は真剣なお付き合いを

 望んでいる女性と恋愛する」と決めるのです。

 

彼氏を本気で作りたい女性に絞る

彼女がほしいなら

本気で彼氏が欲しい女性か

別に彼氏を作る気のない女性かを

見極めることが重要です。

 

モテない男性がよくやってしまうのは

誰とも付き合う気のない女性に

アタックしてしまうことです。

 

時間とお金をかけて

素晴らしいデートをしても

結局振られるのです。

 

そして振られた男は

「何がダメだったのか?」と悩んでしまうのです。

 

「LINEのペースが早かったか?」

「あの店がダメだったか?」

「あの一言が余計だったのか?」と

悩むに悩んで大きく自信を失います。

 

ですが本当にダメだった理由は

「付き合う気のない女性」にアプローチしたことです。

 

ここを見誤ってしまうと

全てが上手くいかなくなります。

 

たくさんの女性を同時に追う

恋愛では男性が就活生で

女性が採用する企業なのです。

 

就活生が「俺Apple1社だけしか受けない」

とか言い出したら「こいつアホちゃうか」って思います。

 

もし1社しかエントリーしていなければ

落ちた場合は無職ですし

不安になって余裕がなくなります。

 

それに比べて30社にエントリーしていて

1社くらい落ちても

「まあいっか」と切り替えられます。

 

そうすれば自ずと

落ち着くこともできるので、余裕が生まれます。

 

1人の女性に絞ってしまうと

「今ひま?」といった気持ち悪いLINEを送ったり

急に電話をかけて「話したくなって・・・」みたいな

気持ち悪いことになります。

 

このように、複数の女性を同時に追い

同時に連絡することで

1人の女性に固執することなく

精神的に余裕になるのです。

 

自然な出会いに固執するな

具体的な出会い方法は、いくつかありますが

「曲がり角でぶつかって・・」みたいな

自然な出会いはこの世に存在しないことを

理解しておくことが重要です。

 

出会いの場所のポイントとして

女性に自分の性格や

人柄を見てもらえることが重要です。

 

それは「会社」「友達からの紹介」

「コミュニティ」の3つです。

 

社内恋愛は男女が

出会う場所として最も多いです。

 

会社であれば

相手の仕事ぶりや人柄がわかるので

恋愛に発展しやすいのです。

 

もう1つは「友達の紹介」です

友達から「いい人いるから紹介するよー」

と言われて出会うのもいい出会い方です。

 

しかし、「この2つがないから苦労してんだよ!」と

いう男性は多いです。

 

そこで3つ目の「コミュニティ」に

参加することがいいでしょう。

 

コミュニティとは、趣味のサークルや

婚活パーティーやボランティアみたいなものです。

 

会社や友達の紹介の出会いが期待できないなら

自分の所属する場所を増やした方がいいのです。

 

特に婚活パーティーは

「本気で彼氏を作りたい女性」が多くいる場所です。

 

相席屋やマッチングアプリは

女性が無料なのですが

婚活パーティーは女性でも

多少のお金がかかるので

本気度の高い女性しかいないです。

 

しかも確実に女性と会話するので

参加するごとに女性との接し方や

連絡先が増えるので

ダメだとしても経験値が増えます。

 

LINEの目的はデートに誘うこと

オフ会や婚活パーティーにいき

女性と連絡先を交換できた後の話になります。

 

よくある勘違いで

「女子を惹きつけるLINEテクニック」みたいな

記事はたくさんありますが、

LINEはデートに誘うものであって

LINEのやり取りでモテることはないです。

 

あくまでも連絡用のツールであって

それ以上でもそれ以下でもないです。

 

つまりLINEは

女性に「こいつキモいな」と思われずに

「デートに誘う」だけです。

 

付き合ってもない人から

「今何してる?」など

彼氏面するような内容ではブロックされます。

 

「あの店行ったことある?今度一緒に行こうよ」

みたいな内容だけです。

 

ちなみにLINEのアイコンも

自撮りやウケ狙いの写真や

未設定や2次元の写真は

キモいと思われるのでNGです。

 

風景画や

複数人で写っているものがオススメです。

 

すぐに告白するな

男性はすぐに相手を好きになりますが

女性はホットプレートのように

じわじわと相手のことを好きになります。

 

つまり、男性が

好きになったタイミングで告白しても

女性にしては早すぎるのです。

 

そもそも告白は

100%成功するときにするのです。

これは「女性の脈ありサイン編」でも解説します。

 

女性が「告白してもいい」という

サインを出すまでは

一か八かでするものではないのです。

 

そして、何度も念を押しますが

LINEはデートに誘うツールであって

LINEで絶対に告白してはいけません。

 

勢いで送った文字を後で見返した時の

絶望感は半端ないですし

相手が本気になることはないです。

 

好きだという気持ちで

舞い上がる気持ちはわかりますが

その気持ちを抑えるためにも

複数人の女性と

同時に連絡を取ることが大切なのです。

 

最後に

ここまで本書にでの

「女性と出会う方法」に特化して

紹介してきました。

 

出会う手段は増えても

それが自分に合っているか

そして、アプローチする女性の選別が

間違っていないかなど

勉強になるものばかりでした。

 

次回は「女性に嫌われない編」について

紹介させていただきます。

 

女性に嫌われない編はこちらです!

【出会いがない男の恋愛婚活教科書】の要約「女性に嫌われない編」
こんにちは!しょーてぃーです! 今回も、根本直潔さんの 『出会いがない男の恋愛婚活の教科書』を 引き続き紹介していきます! 今回は第2回目の 「女性に嫌われない編」として ・出会いはあるのに、なぜか女性と付き合えない ...

 

 

既に本書が気になる方は

是非手に取ってみてください!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました